「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

「石巻 まちの本棚」について

「石巻 まちの本棚」は石巻のまちなかに本好きのひとたちが気軽に集まるための拠点。本の貸し出しや古書販売もしています。
この場所でトークイベントや読書会、展示、一箱古本市、ワークショップなどの催しを開催し、まちなかに人が行き交う機会を増やします。
また本に関わるひとたちの交流を促進し、ネット古書店やブックカフェ、出版社など、広い意味での本に関わる仕事を志す人が増えることを目標にしています。
2012年夏 石巻ブックエイド 一箱古本市を契機として始まったこのプロジェクトは、被災地に本を送る活動を続ける「一箱本送り隊」との共同事業です。
現在、このプロジェクトでは一緒に取り組むメンバーを募集中。

所在地 : 石巻市中央2丁目3-16 (地図はコチラ)
TEL : 0225-25-4953 (ISHINOMAKI2.0)
営業時間:11:00-18:00
開館日:土・日・月曜日
朗読会など貸切利用も可能です。お気軽にお問い合わせください。
bookishinomaki[at]gmail.com
([at]を@に変えて送信してください)
[PR]
# by honokuri-tai | 2015-03-02 22:33

新着情報


活動に協力してくださる方へ

第3回「石巻 一箱古本市」の店主さんを募集します!6/23更新
【石巻 本のコミュニティスペース】本の提供のお願い

活動報告

集積所の活動レポートを開始しました
義捐金リストを更新しました

[PR]
# by honokuri-tai | 2014-12-04 09:44 | 新着情報

「石巻一箱古本市」出店者大募集!

今年もやります一箱古本市。本を持ち寄ることで誰でも気軽に1日だけの「店主」になれます。

【日時】
2014年7月26日(土) 11:00-16:00 (仮)

【会場】
石巻市中央商店街各所

【募集期間】
2014年5月24日(土)~7月6日(日)まで

【参加資格】
当日会場で各自の責任において店番・販売ができ、各自で搬入出のできる方。複数で参加して交代で店番することも可。

【出品のルール】
出品するものは基本的に古本ですが、全体の5割程度が本であれば雑貨などの出品も可(飲食物は不可)。古本は一箱(ダンボール箱、コンテナボックス、みかん箱、トランク、キャリーバッグなど)に入れて販売してください。補充用の本の持参も可能ですが、出店スペース外にはみ出さないようにお願いします。

【出店料】
・2000円(当日お支払い頂きます)

【申し込み】
①メール申し込み
 bookishinomaki@gmail.comに、下記の項目を記入して送信してください。
(件名: 一箱古本市店主申し込み)
   ・氏名、フリガナ(複数参加の場合は、代表者のみで結構です)
   ・電話番号
   ・住所
   ・メールアドレス
(店主マニュアルをお送りしますので添付ファイルが受信できるアドレスにしてください)
   ・古本市での店名、フリガナ(屋号)
   ・お店の品揃えや特徴など、PR(200字以内)
   ・店主マニュアルの送付方法(メール または 郵送)
   ・自分のサイト・ブログ・Twitterなど
(お持ちの方のみ、掲載できるのは1つだけです)
②直接申し込み
まちの本棚にお越しいただき申し込み用紙に記入してください。
[PR]
# by honokuri-tai | 2014-06-23 23:24 | イベント案内

「石巻 まちの本棚」の新しい展示について

石巻 まちの本棚 展示企画
大島幹雄さんの本棚 「海を渡った日本人」

b0218909_9502974.jpg

石巻出身の作家・大島幹雄さんが長年追究してきた海を渡った日本人をテーマとした本を展示します。
港のまち・石巻にふさわしい本が並びます。 お手にとってご覧ください。
10月5日(土)~12月2日(火)の予定です。

b0218909_9523599.jpg

大島幹雄(おおしま・みきお)
サーカス・プロモーター、作家。1953年、石巻生まれ。石巻若宮丸漂流民の会事
務局長。著書『虚業成れり――「呼び屋」神彰の生涯』(岩波書 店)、『満州浪
漫』(藤原書店)ほか。2012年4月から今年8月まで石巻日日新聞で『我にナ
ジェージダ(希望)あり――石巻若宮丸漂流物語」を 連載。


ブックトーク「海を渡った石巻の人びと」
本棚に並ぶ本を紹介しながら、石巻から海を渡った人々の話をお聞きします。

 出演 大島幹雄
 聴き手 南陀楼綾繁(一箱本送り隊)

 場所 石巻 まちの本棚
 日時 10月19日(土) 15:00~(14:45受付開始)
 参加費 500 円
 予約 メール bookishinomaki@gmail.com 石巻 まちの本棚
 電話 0225-25-4953 IRORI石巻(勝)
  ※お名前、人数、電話番号を明記ください。
  ※当日参加も歓迎します。

石巻 まちの本棚
〒986-0822 宮城県石巻市中央2-3-16
土・日・月 10:00~17:00
※開室日が変更される場合がございます。
http://facebook.com/streetbookshelf
twitter @streetbookshelf
b0218909_9512228.jpg


テーマ展示「海を渡った日本人」について
大島幹雄

 漂流民やサーカス芸人など、海を越えて異国で生きた庶民たちの足跡を追うよ
  うになって20数年、いまやこのテーマは私のライフワークとなってい ます。
 今回はこのテーマに沿って70冊の本を選んで展示させてもらうことにしました。
 220年前に石巻を出航してからまもなく嵐に遭い、極北の地に漂着、ここでお
 よそ一年暮らしたあと、シベリアを横断し、さらには世界一周まです ることに
 なった石巻若宮丸漂流民関係の本や、江戸時代に同じように漂流して異国にたど
 り着いた庶民たちの記録や小説を中心に、幕末から大正にかけ て世界を舞台に
 活躍したサーカス芸人たちについて書かれた小説やルポルタージュ、同じように
 異国で活躍した人々たちの評伝、さらには生きるために やむなく海を渡った人
 たちを追ったルポなどを集めてみました。
 若宮丸漂流民だけでなく、明治時代には、石巻の人々はラッコや魚を追い求め
 北米まで行っています。表舞台にはなかなか登場しなかったこうした石 巻の海
 を渡った人たちの本も何冊か選びました。ぜひこの機会に手に取ってご覧ください。
 なお会期中には、今年出した私の二冊の本『サーカスは私の〈大学〉だった』
 (こぶし書房)と海を渡ったサーカス芸人追跡の総決算ともいえる『明 治の
  サーカス芸人はなぜロシアに消えたのか』(祥伝社)も販売いたします。これも
  お手にとってご覧いただいたうえ、お求めいただければ幸いです。
[PR]
# by honokuri-tai | 2013-10-03 09:51 | 活動報告

第2回「石巻 一箱古本市」の店主さん発表

7月27日(土)、28日(日)開催の第2回「石巻 一箱古本市」の
店主さんを発表します(23日現在の申し込み)。

当日は雨天でも開催しますが、出店場所は
一部変更になる可能性がございます。会場でお確かめ下さい。
なお、立町商店街の「相澤商店」前では古本バザーも開催します。
一箱古本市、古本バザーの会場では、スタンプラリーを開催します。
すべてのスタンプを集められた方にはプレゼントを差し上げます。
「石巻 まちの本棚」でお引き替えください。

★27日(土)

A=立町復興ふれあい商店街(立町2-6-23)

〈亡羊堂〉
児童書、文芸書を中心に、得意分野であるSF/推理の絶版文庫、
渋い中公文庫まで、幅広く出品予定です。
是非寄ってみて下さい。本を介しての交流を楽しみしています。

〈RAINBOWBOOKS〉
絵本や漫画を中心に。ここではないどこか別の場所へ連れて行ってくれる、
切符のような本を選んで持っていきたいと今は思っています。
Twitter @rainbb48

〈パナけいBooks〉
「ダカーポ」やバイク雑誌の古いもの、推理小説を中心に各種取り揃えております。

〈ななみやたかちん〉
前回に引き続き出店します。故郷は閖上。震災からしぶとく生き残った本を中心に出品します。よろしくお願いいたします。

〈八重樫書店〉
今年もこども店長がんばります!ぼくの本やお母さんの本など。
おもちゃとかも売る予定です。
Twitter:@asami28y

〈古本よあけ〉
いつもいつもの品揃え、店主自身お気に入りの本や興味の向いている本、
ちょっとレアな本も混ぜつつ、一箱作ります。
一箱に納めている本の一揃いが、自然と店主の自己紹介になっている……はず! 
一箱古本市は、もちろん思いがけない本との出会いがひそんでいるけれど、
初対面の人と人との出会いもたくさん生まれる素敵なイベントだと思います。
昨年に続いて、今年も楽しんで参加させていただきます。
よろしくお願いいたします。
Twitter:@oldbooks_yoake

〈ばったりたおれ屋〉
アート系写真集、アートブック、暮らし・旅行関連、洋書絵本など。
手づくりあみぐるみ「おたま」もあるよ。
Twitter:@battaritaoreya

B=相澤商店(立町2-4-36)
〈一箱本送り隊 古本バザー〉

C=IRORI石巻(中央2-10-2)
〈電脳出版 リヴァームーンJ社〉
仲間が自分の本棚から一冊一冊選びました。
ですから、ちょっとアラフォー女子向きかな。
一冊ずつに思い出を添えられたらいいな。
ただいま奮闘中つうか、読み直し中。
Facebook :https://www.facebook.com/hiroko.kawaguchi.7927

〈Book! Book! AIZU〉
10月に福島県会津地方で開催予定のブックイベント、
Book! Book! AIZUのスタッフが石巻にお邪魔します! 
「本」を通じた出会いを楽しみにしています!
http://bookbookaizu.info/

〈みんなの出版販売〉
本の流通に関わる「取次会社」のメンバーが会社の垣根を超えて結成した
「みんなの出版販売」略して「MINHAN」。
手渡す様に本を届けるため、東京から出店します。どうぞよろしく。

D=かめ七(中央2-4-18)
〈駄々猫舎〉
東京から参ります、駄々猫舎と申します。
自分が読んだ本(ジャンルは様々)と、3人の仲間で作った
「鮭ロック」手拭い(一人は実家が石巻です)、
雑貨(ブックカバー、チャーム、紙もの)などを販売します。
今回は、久しぶりに「福猫袋」も持って行きます。
猫好きの方、読書好きの方とお話できれば嬉しいです。
詳しくは2、3日前のブログにて!
http://dadaneko-chat.seesaa.net/

〈つながってるよね。写真と詩の本屋さん〉
“写真作家たつろう”さんの著書
「つながってるよね。今もずっと、これからもずっと。」「しんじてる。」
「ぜったい大丈夫。」計30冊全てに著書直筆のサイン入り、
新品の商品を定価より安価で販売します。
「つながってるよね。」は震災後、東北で取りおろした写真詩集。
出店者は現地ボランティアとして撮影に参加。
そのご縁にて、今回たつろうさん本人にサインを依頼しました。
売上金は全て東日本大震災復興事業に寄付いたします。
http://ameblo.jp/naomiblog2013/

〈日高見堂〉
文学や歴史、郷土史、懐かしさのある本を置いています。
ぜひお気軽にお立ち寄りください。
http://hitakamidou.ko-me.com/

〈春夏冬書房〉
去年と同じく、児童書・小説・漫画など色んなジャンルを
取り揃えてお待ちしています。ちょっと覗いてみるだけでも構いません。
ぜひ、お手に取ってお気に入りの一冊を見つけて下さい。

〈のんべえ〉
日本のミステリーを数多く出品します。
美しい本ですから、みなさん、読んでください。

E=石巻 まちの本棚(中央2-3-16)
本部


★28日(日)

A=立町復興ふれあい商店街(立町2-6-23)
〈亡羊堂〉

〈RAINBOWBOOKS〉

〈パナけいBooks〉

〈瑛子の本棚(一部)〉
同類募集中。
Facebook:Youko Onodera

〈かまねこ文庫〉
猫の本、宮沢賢治などの名作、
乙女心をくすぐるものを何か持っていこうと思います。
http://kamaneko-life.jugem.jp/

B=相澤商店(立町2-4-36)
〈一箱本送り隊 古本バザー〉

C=IRORI石巻(中央2-10-2)
〈LIBOOKS(リブックス)〉
読み終わった漫画や、多種多様な文庫を販売予定です。
おすすめCDもこの際持って行こうと思ってます。
夏空の下、楽しんでやろうと思いますんでよろしく☆
http://liboolog.blogspot.jp/

〈電脳出版 リヴァームーンJ社〉

〈くものす洞〉
昨年の出店があまりにも楽しかったため、
今年もまた東京から(実家は石巻)の参加です。
この1年で読んだ本の中から、おすすめしたい本を持っていきます。
復興・東北宮城・海・本の本…などが中心ですが、
私の趣味(見てのお楽しみ)の本も多し。
とにかく石巻の「まち」に、ぜひぶらぶら本を眺めに来て下さい!
http://raizo.daa.jp/

D=かめ七(中央2-4-18)
〈駄々猫舎〉

〈groovin bookstand〉
昨年に続き参加します。ジャンルはノンジャンル、
こだわりはないけどかたよりはあります。
自信を持ってオススメできる本を揃えて持っていきますので、
よろしくお願いいたします。
http://blog.livedoor.jp/groove4life/

〈仙台鉄塔文庫〉
仙台一番町・いろは横丁の古本酒場、鉄塔文庫です。
昨年に続いて石巻では二回目の出店。
この一年、何度となく石巻には足を運び、街がゆっくりゆっくり再生していくのを、
見たり、聞いたり、感じたりして、いまではすっかりこの街に惚れこんでしまいました。
昨年は「中身を見てもらう」一箱でしたが、
今年は「中身をツマミに石巻のみなさんと語り合う」一箱にと思っています。
よろしくお願いします!
Facebook https://www.facebook.com/pages/鉄塔文庫/276433662396603

〈Filmo(フィルモ)〉
昨年も参加させて頂いて、いろんな出会いと思い出ができた素晴らしい時間でした。
今年も楽しみにしています。
文庫本などを中心にポストカードなども並んでいると思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

〈ちんじゅう in 石巻〉
絵本・児童書が好きな3人が選りすぐりの本を持っていきます。
その他、各自、気に入っている、誰かに読ませたい本、雑誌も紛れ込ませる予定です。
……と作戦会議をしているときから、もうワクワクしている3人です。
よろしくお願いします!

E=石巻 まちの本棚(中央2-3-16)
本部
[PR]
# by honokuri-tai | 2013-07-24 19:34 | イベント案内

「石巻 まちの本棚」への本のご提供のお願い、および7月の活動日のお知らせ。

宮城県石巻市中央2丁目3-16 (もと躭書房)に7月27日に
「石巻 まちの本棚」がオープンします。それに向けて、
1)スペースに置くための本を募集しています。テーマに合わせて募集しますので、
  【石巻 本のコミュニティスペース】本の提供のお願い
  をご参照の上、ぜひご協力お願いいたします。また本にメッセージを添えたい方は、
  メッセージの用紙もダウンロードできます。
  ぜひ、まわりの方にもお声をかけていただければと思います。
  荷受け日は7月13日(土)、7月20日(土)です。お送りいただける方は、
  事前にメールでのご連絡をお願いいたします。 honokuritai@gmail.com 一箱本送り隊

2)また、7月13日(土)、7月20日(土)、谷中で本の荷受け、仕分け、
発送準備作業を行います。
  隊員の方はぜひ、ご参集ください。けっこう人手が必要かと思います。
  また、隊員ではないけれど、興味があるので参加してみたいという方も、
ぜひメールをお送りください。
  詳しい場所をご連絡いたします。11時〜16時くらいまでですが、短時間での参加もOKです。
  honokuritai@gmail.com 一箱本送り隊

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by honokuri-tai | 2013-06-28 18:32 | 活動に協力してくださる方へ

石巻STAND UP WEEK2013  第2回「石巻 一箱古本市」の店主さんを募集します!

7月27日(土)、28日(日)の2日間、石巻市の商店街で、
「石巻 一箱古本市」を開催します。このイベントに出店される店主さんを募集します。
b0218909_1834882.jpg

一箱古本市は、一人が一箱分の古本を持ち寄って販売するもので、
自分で本を選んで値段をつけたり、「◎◎ブックス」「△△書房」などの
屋号を名乗ったりと、一日だけの「本屋さんごっこ」を愉しめるイベントです。
2005年より東京の谷中・根津・千駄木「不忍ブックストリート」ではじまり、
いまでは仙台、名古屋、福岡など全国各地に広まっています。

一箱古本市についての説明はこちら 
http://sbs.yanesen.org/?page_id=31

石巻では昨年7月末に「石巻ブックエイド」として第1回を開催。
その際、反響が多かったことがきっかけで、
石巻の中心商店街に本のあるコミュニティ・スペースを設立する準備がスタート。
ISHINOMAKI2.0と一箱本送り隊の共同事業として、
アイトピア通りの元「耽書房(たんしょぼう)」のビルに
「石巻 まちの本棚」をオープンさせます。
今回の一箱古本市は、このスペースのオープン記念イベントでもあります。

今回も石巻をはじめ宮城県内にお住まいの方に、
「店主さん」になっていただきたいです。
この日は全国から本好きが集まります。
その方々に、これまで大切にされてきた本を手渡してはいかがでしょう?


開催日 2013年7月27日(土)、28日(日)
時間 10:00~15:00
場所 立町復興ふれあい商店街、アイトピア通り
(石巻まちの本棚、IRORI石巻、かめ七)
参加費 1日500円(当日お支払いいただきます)


・一人でも家族、カップル、友人、サークルなど、幅広くご参加ください。
・販売するものは、本、雑誌、コミックなどなんでもOK。CDやグッズも販売できます。
・一箱は単行本30冊、文庫本50冊見当です。
追加分の本を持ってくるのは自由ですが、販売は一箱単位で行なってください。
・本の状態は問いません。ご自宅で被害を受け、汚れてしまった本も出品できます。
・看板やディスプレイ、売り方も工夫すると楽しいです。
・2日間でも、1日だけでも参加できます。荷物はお預かりできます。
・店主さんは当日9:00~9:30に集合してください。
・遠方から参加される店主さんは、宅配便にて事前に販売物を送ることもできます。


【申し込み方法】
・以下の項目にご記入のうえ、メールもしくはFAXでご応募ください。
・パナックけいてい(立町復興ふれあい商店街)、IRORI石巻(アイトピア通り)の
店頭でも受け付けます。
・受付後、メールもしくはファクス、郵送で、「店主マニュアル」をお送りします。
・受付は先着順です。予定箱数に達すれば締め切ります。

応募開始日 6月29日(土)正午より
メール宛先 honokuritai@gmail.com 一箱本送り隊
FAX宛先 0225-25-4953 石巻2.0 STAND UP WEEK2013事務局


【記入項目】

1. 屋号(かならず付けてください)
2.出店する日(いずれかを選んでください)
a.両日  b.27日(土)  c.28日(日) 
3.自分のサイト・ブログ・Twitter・FACEBOOKのページなどが
あればご記入ください(掲載できるのは1つだけです)
4. 氏名(本名をお書きください。複数参加の場合、代表者のお名前だけで結構です)
5. メールアドレス
6. 電話番号(ファクスでのマニュアル送付希望の方はその番号も)
7. 住所
8. 参加人数(予定で結構です)
9.前回参加されましたか?
a.参加した b.今回初参加
10.出店場所についてご希望があれば(ご要望に添えない場合もございます)
11. 品揃えや販売のしかたなどPRを200字以内で書いてください
(一箱本送り隊ブログに掲載します)

※1、2、3、11以外は実行委員会で管理するためのデータです。
外部には公表しません。
※受付後、honokuritai@gmail.com より返信メールを差し上げます。
「迷惑フォルダ」などに入って見つけられなくなってしまうトラブルが予想されますので、
かならずご確認ください。


主催 一箱本送り隊  http://honokuri.exblog.jp/
ISHINOMAKI2.0  http://ishinomaki2.com/
石巻 まちの本棚  https://www.facebook.com/streetbookshelf

メールアドレス honokuritai@gmail.com 一箱本送り隊

電話 
〔一箱古本市について〕090-9347-8767 河上
〔STAND UP WEEK2013について〕0225-25-4953 石巻STAND UP WEEK事務局

協力 石巻立町復興ふれあい商店街
[PR]
# by honokuri-tai | 2013-06-28 18:30 | イベント案内

「石巻・まちの本の本棚」茶話会のお知らせ

ISHINOMAKI2.0と一箱本送り隊は、石巻の中心地商店街に、
本のコミュニティ・スペース「石巻・まちの本の本棚」を設立する準備中です。

場所は、石巻中心商店街のアイトピア通りにかつてあった書店「耽書房」
(たんしょぼう)の跡地です。
この場所では、どなたでも本を自由に閲覧できます。
また、トークイベントや読書会、展示、一箱古本市、ワークショップなどの催し
を開催します。
さらには、ネット古書店やブックカフェ、出版社など、
広い意味での本に関わる仕事を志す人のための拠点にしていきたいです。
石巻の本好きが気軽に集まり、交流できる場所をつくることで、
石巻の中心部に人が行き来する機会が少しでも増えればいいと、
私たちは考えて います。

今月からワークショップ形式で、このスペースに使用する部材の組み上げ、
壁などの左官、家具制作などを行なっていきます。
そして、7月27日(土)、28日(日)には、オープンを記念して、
「一箱古本市」を開催します。

実現にあたっては、地元の方のご協力が不可欠です。
つきましては、このスペースについて自由に意見交換を
行なう茶話会を開きます。本が好きな方なら、どなたでもご参加いただけます。
性別や年齢は問いません。高校生や大学生の方も歓迎します。
また、ネット古書店などビジネスの視点から、
このスペースを活用したいという方もご意見もお聞きしたいです。
前回参加された方も、本好きのお友達を誘ってご参加ください。

今回は、完成までのスケジュールや、一箱古本市当日のこと、
スペースの運営について、より具体的に話し合っていきます。
たくさんの方のご参加をお待ちしています。

 日時 6月23日(日)14:00~16:00頃
 場所 IRORI石巻(中央2-10-2)
 参加希望の方は、下記までご連絡ください。
 予約のない方の当日参加もOKです。参加費無料です
  問合せ honokuritai@gmail.com 0225-25-4953(IRORI石巻)
  ※飲み物などの持ち込み自由です。差し入れも歓迎します

石巻・まちの本棚(フェイスブック) https://www.facebook.com/streetbookshelf
ISHINOMAKI2.0 http://ishinomaki2.com
[PR]
# by honokuri-tai | 2013-06-18 09:23

6月の活動日

ご連絡遅くなりましたが、今月の活動日は
6月8日と6月22日です。荷受け日もその日になります。

「石巻 まちの本棚」が不動産契約も終わり、
7月27日のオープンに向け、本格的にスタートします。
その本棚に置く本を集めていますので、どうぞご協力ください。
詳細は以下のページをご確認下さい。
http://honokuri.exblog.jp/20345937/

また、「石巻 まちの本棚」の空間をつくるための、
家具づくりワークショップや左官壁塗りワークショップも企画中です。
7月の夏休みをつかって、ぜひ、ご参加ください。
[PR]
# by honokuri-tai | 2013-06-04 15:58 | 活動に協力してくださる方へ

【石巻 本のコミュニティスペース】本の提供のお願い

前にお知らせした、石巻に本のコミュニティスペースを設立する
プロジェクト、進行中です
7月27,28日に昨年とに昨年と同じく一箱古本市を開催しますが、
それをスペースのオープニング・イベントにします

このスペースでは本棚の本を誰でも自由に閲覧できるようにします
また、それらの本を使って読書会やワークショップなどを行ないます
スタート時には300~500冊程度そろえる予定です

これまで送り隊に寄付された本も一部使いますが、
新たに本を集める必要があり、公募します

ただ、これまでのようにどんな本でもいい、というわけではなく
それなりに選んだ本を並べたいです
私たちの方で、以下のキーワードを考えてみました

・コミュニティ
・まち
・石巻/東北
・震災/津波
・原発
・食
・シェア
・DIY/セルフビルド
・読書
・物語
・絵本
・記録/ドキュメント
・仕事
・手づくり
・メンタルヘルス
・家族
・旅
・自然/環境
・サブカルチャー

あまり厳密なことをいうつもりはないのですが、以上のキーワードを
念頭に置いて、このスペースに並べたい本を選んでいただけますか?

冊数もこれまでのように箱単位でなく、おひとり1~10冊ぐらいで
考えて下さい

本の提供の方法は以下の2つです
1)お手持ちの本から提供する
2)不忍ブックストリートの一箱古本市(4月27日、5月3日)を回って
購入した本を提供する

1)については、作業日に持参していただくか、郵送していただきます

2)については、お時間がある方が、一箱古本市を回ってよさそうな
本を自腹で(すいません)購入して寄付していただく
出店場所は sbs.yanesen.org にあります

4月27日は買った本を、「貸はらっぱ音地」に出店する一箱本送り隊
のブースに持参してください
5月3日は送り隊が出店しないので、後日の作業日に持参していただ
くか、郵送していただきます

提供する本には後ろの見返しに

・お名前(ペンネーム可)
・関連するキーワード
・メッセージ

を書いた紙を挟んでいただきたいです
書式は以下のリンク先からダウンロードしてお使いください
http://firestorage.jp/download/4c8155bf34b42c0db98ed99e2688efa2a649753e

また、4月27日の一箱古本市の送り隊ブースでも手に入れられます
書き方の例は以下の様になります
b0218909_0145616.jpg

これ以外の紙でもけっこうです

ご自分の選んだ本がコミュニティスペースに並んだときの様子を
想像して、楽しみながらご提供いただけると嬉しいです

基本的には石巻に置かせていただきますが、本がダブったりした場合は
ほかで活用させていただくこともあり得ます
ご了承ください

長々書いてしまいましたが、判りにくい点があれば
honokuritai@gmail.com までご質問ください
ご協力、どうぞよろしくお願いします
[PR]
# by honokuri-tai | 2013-04-27 00:16 | 活動に協力してくださる方へ

カテゴリ

一箱本送り隊とは
活動報告
被災地の方へ
活動に協力してくださる方へ
イベント案内
フライヤー等ダウンロード
新着情報

以前の記事

2015年 03月
2014年 12月
2014年 06月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

人気ジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧