塩竈ブックエイド 無事に終了しました

b0218909_23115593.jpg

早いもので、きちんとご報告をする前に一週間が経ってしまいました。

10月22日23日に宮城県塩竈市で開催した「塩竈ブックエイド」は
無事にすべてのプログラムを終了することができました。

本に出会いに来てくださった塩竈と周辺市町村の皆さん、
「一箱古本市」出店者の方々、
全国からこの日のために本を送ってくれた皆さん、
教科書と参考書を送ってくれた麗澤中学・高校の皆さん、
「塩竈フォトフェスティバル」の平間至さん、菊田樹子さん、ほか実行委員会のみなさん、
「ふれあいエスプ塩竈」はじめ塩竈市職員の皆さん、
塩竈との橋渡しをしてくれたビルド・フルーガスの高田彩さん、
フォトグラファーの大江玲司さん、
ライブペインティングの牧野伊三夫さん、三浦陽子さん、
映画上映のシネマエール東北のみなさん、
坂本頼光さん、柳下美恵さん、
益子珈琲隊の皆さん、多賀城のアトリエポランさん……
そのほか、準備・リサーチの段階から考えたらほんとうに数え切れないほどの皆さんの
ご協力のもとで実現した企画でした。あらためて、ありがとうございました。

3.11の震災のあと、自分たちにできることはないか、
とはじめた「被災地に本を届ける」活動でした。
これまで「本が好き」で「いつも本に触れているから」できることがあるはずだ、
という思いだけを原動力に「一箱本送り隊」の活動を進めてきました。
今回塩竈に本を運び込み、塩竈の本好きの皆さんと本のことを語り合いながら過ごした二日間は、
わたしたちと「本」との結びつきを再確認するためにもとても大切な機会だったと思います。

「こころにもパワー!
 本とたっぷり遊ぶ二日間。」

もちろん本でおなかは満たされません。
本を着るわけにも、暖を取ることもできません。
ですが、本でしか得られないパワーもある。
本に後押しされて歩み出した一歩がある。
本が教えてくれた世界と自分の秘密の合い言葉がある。
だから、いままで、生きてこれた。

大げさかも知れないけれど、
この二日間に感じていたことはそういうことでした。

本が読みたいと思う被災地の方がいれば、そこに本を届けたい。
塩竈からスタートしたわたしたちの「ブックエイド」は、
これからもきっと続けていこう、そう思っています。

わたしたちの活動は、
本を読みたいと思い、受け入れてくれる人がいてはじめて成立する活動です。
塩竈の皆さん、
ありがとうございました。
b0218909_231354.jpg

[PR]
by honokuri-tai | 2011-11-01 23:13 | 活動報告

カテゴリ

一箱本送り隊とは
活動報告
被災地の方へ
活動に協力してくださる方へ
イベント案内
フライヤー等ダウンロード
新着情報

以前の記事

2015年 03月
2014年 12月
2014年 06月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

人気ジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧