<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

石巻ブックエイドin STAND UP WEEK 2012 「一箱古本市」店主さん紹介

※雨天の場合、一部の店主さんの出店場所が変更になる可能性がございます。
当日、会場でスタッフにお尋ねください。

7月21日(土)・22日(日)両日 出店

A)立町復興ふれあい商店街(立町2-6-23)
http://www.ishinomakimatinaka.com/fureai

★古本こかげ茶屋
絵本が主体の品揃えで、高校生の息子と楽しんで参加したいと思います。

★みなと屋書店
料理の本と文庫本を取りあつかいます。ねだんは交渉で決めます。

★七㐂金屋(なきかねや)
http://supertop1.exblog.jp/
写真集、絵本、純文学、推理小説、アウトドア系等雑多な本をお持ちします。

★パナけいブック
津波で残った本を出します。なので、ジャンルはバラバラです。
推理小説(外国)ほか、雑誌は古いバックナンバー、音楽雑誌など。
非売品として、初期の「本の雑誌」を展示します。


B)かめ七(中央2-14-18)
http://ishinomaki2.com/comikame/

★鉄塔文庫
http://www.facebook.com/pages/鉄塔文庫/276433662396603
本は身体の外にある記憶。記憶という、本来は目に見えないはずのものを、
わたしたちは本を通じて奇跡的に共有できる。
いや、それは映画も絵画も写真も同じだ。
いろんな人たちがいろんな形で記憶を伝えようとしている。
ぼくらはそのなかから本という手段をえらんで、
ぼくらが受け取った記憶を、石巻のみんなに伝えに行く。
そして、できることなら、みんなから記憶を受けとって帰りたい。


C) IRORI石巻(中央2-10-2)
http://ishinomaki2.com/category/project2/irori/

★inu kuro books
http://www.blueorange.co.jp/yuruyuru/
犬の絵本専門店です。外国のにっぽんの、古いものすこし古いもの、
新しめのもの…。犬が登場する絵本を集めました。どれもかわいくて、
ほんとは売るのがすこしもったいない…。
かわいい子犬を「しあわせになってね」と里子に出す気持ちです。

★復興ブックス
https://twitter.com/fuda
販売する本は、NPOの運営に役立つ本を始め、
環境問題や社会問題に関連するものを中心に扱います。
また、店主は元・中間支援NPOのスタッフのため、
NPOの立ち上げや運営、助成金の探し方などに関する
ご相談があれば承ります(無料)。
相談のみでも対応しますので、お気軽にお立ち寄りください。
売上から経費を差し引いた利益は、
復興支援活動を行っているNPOに寄付します。


21日(土)

A)立町復興ふれあい商店街(立町2-6-23)
http://www.ishinomakimatinaka.com/fureai

★鉄の掟 ポストカード出張店
http://www.tetsu-no-okite.org/
鉄の掟は製鉄および製鉄業に携わる人々をこよなく愛する人間が、
「鉄の掟の『鉄の掟』」とネストっぽく言ってみたかっただけでつくった
BL個人サークルなのですが
(言ってみたかっただけなので実際にはまだ掟はないです)、
今回は日本各地の工場夜景を中心としたポストカードを販売します。
新日鉄釜石復旧記念特別価格でほんのちょっとお安いです!

★亡羊堂
小説単行本、児童書、絶版文庫、ムック、雑誌からおもしろ本まで、
幅広く格安で出品予定です。
本を介して「共感」できる場にしたいと思っています。
是非寄ってみて下さい。 

★古本よあけ
http://twitter.com/#!/oldbooks_yoake
昨年6月から箱主活動をしています。
出店場所は変われど、やっぱりいつもの通り、
店主自身お気に入りの本とちょっとレアな本で、一箱作ります。
あなたの好きな本が店主の箱の中にあれば教えて下さいね。
大いに語り合いましょう。見知った本や探している本がなくても、
はたまた、読みたい本がわからなくても、気軽に声を掛けて下さいね。
店主からあなたに思いがけない本をお勧めできるかも。
文庫の小説やエッセイ、絵本、漫画など。

★キラク書店
http://kiraku0128.exblog.jp/
何度か古本市に出店してきましたが、
今回は手元にずっと置いておきたいと思っていた
写真集や小説本を中心に出店したいと思います。
手作り雑貨(バッグ)なども考えています。
のぞくだけでも構いませんので遊びに来て下さいー。

★ぽるた
http://www.facebook.com/hiroko.yoshida.773
文庫、雑誌、絵本など。そばに置いてうれしい、
読んでたのしい本が見つかるとうれしいです。

★ソラマメ書店
エッセイ、文庫本、CD 、雑貨など、
ソラマメ店主セレクトの品々を出店いたします。お立ち寄りください。

★麓書店
http://fumoto-shoten.blogspot.jp/
走る絵本や麓書店です。絵本を中心に、
今回は「生きる」をテーマに小説や暮らしの本も持っていきます。
はじめての石巻です。みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

★のりまきワンダーランド
http://blog.canpan.info/nobi/
多賀城市と仙台市から、子供向け支援団体メンバー合同での参加です! 
児童書から、漫画、大人の読むミステリー、専門書まで各種取り揃えました。
掘り出し物があるかもしれませんよ……。
歌を歌ったりして、楽しい買い物のひと時、
「こんな本があるのか!」という驚きやワクワクを
私たちと共有してみませんか?

★八重樫書店
http://tachi986.exblog.jp/
絵本やマンガ、おもちゃなどを売ります(100円均一で)。

★はるみ堂
震災後、蔵王に引っ越して、以前の様には石巻に行けなくなったので
すが、いい機会だと思って出店します。本の種類は、童話からユング
まで支離滅裂で説明しきれません。

★古本はじめました
http://yodaparty.cocolog-nifty.com/blog/
人間頭を使えば、いつまでも若く過ごすことができます。
本店では店主が某大学通信教育部で使用したテキストや副読本、
その他大学の勉学に最適の本を集めました。
通信制大学では、主婦や定年退職後の壮年の方々が多く学んでいました。
貴方も、もう歳だから…と思わずに、もう一度大学生になってみませんか? 
今は復興のために何をすればいいか分からない貴方も、
学べば何かが見えてきます!? 当店で学びを再発見してください。

★マロウ
初めてインドに旅してから16年。それから沢山の面白い経験をした。
それまで本に興味の無かった私も、様々の悩みの中手にした本たち。
自分の本当の成人式はそんなモヤモヤの20代の後。
「マンガじゃないと売れないし、お客さんが勉強した色々の事、今手放すのは惜しい。」
と、古本を詰めた大袋2つを言われるまま持ち帰ったあの頃。
今日は晴れて送り出そう。このタイミングに感謝。
マロウに来て下さり、ありがとうございます。

ブックスIqb9
http://twitter.com/#!/250r4
震災でひっくり返った本箱の本の山から買ったことすら忘れてた本がいっぱい。
棚に戻すにも何故か入りきらないので…買って下さい(^^;難しい本 や、
役立つ知識を得られる本は少ないかも?


B)かめ七(中央2-14-18)
http://ishinomaki2.com/comikame/

★つれづれ団
http://tsurezuredan.com/
こんにちは。「東北の日常をおもしろく」をテーマに
活動しているつれづれ団です。
ブックカバーづくりも同時開催しています。会場でお会いしましょう。

★本屋アベ
内容は、雑誌がほとんどです。『装苑』(10年前の)
『ロッキング・オン・ジャパン』(あら、15年前!?)
『カメラ日和』(まだ最近の)など。文庫本も少しあります。
お買い上げの方にはブックカバーさしあげます!
お手製!! 太っ腹!! よろしくおねがいします。

★ハルカナ
石巻市
津波で全壊の自宅をいよいよ解体することになりまして、
いろいろ処分しています。一冊でも買っていただけたらうれしいです。

★乙女湯のたしなみ
http://otomeyu.exblog.jp/
「暮らしに銭湯を。」を合言葉に、銭湯(主に東京都内)で
イベントを開催しています。それとは別に、
津波の影響による休業からの再開に向けた「つるの湯祭り」訪問がご縁で、
現在「つるの湯」(住吉1-8-43)さんにて毎月第4日曜に脱衣場で
「お茶っこのみ」(湯あがりにおいしいお茶をどうぞ)をやっています。
当日は暮らしや銭湯まわりの書籍を持ってゆきます。


C) IRORI石巻(中央2-10-2)
http://ishinomaki2.com/category/project2/irori/

★ラパン・ラパン
2階においてあり。水没をまぬがれた文庫本たち
いろいろを販売したいと思っております。

★脳天松家
https://twitter.com/#!/noutenmatsu
東京からの出店になります。昨年は仙台に塩竃(店主)、
今年は仙台に2度行っております。宮城は心の故郷です。

★café de poche
http://cccc.raindrop.jp/cdp/cdp/
京都にて2002年に始まったブックカフェイベントcafé de poche。
図書館司書、デザイナーのメンバーが中心となり、カフェやギャラリーで
「映画」「衣食住」「音楽」など回毎にテーマを決め、それぞれが考える
テーマ毎の愛読書セレクション、レコードや雑貨を一同に集めて展示。
飲み物片手に、のんびり読書を楽しみながら寛げる空間を作ることを
めざして活動してきました。今回は、なかでも人気コーナーの
「古本マルシェ」から、メンバーの蔵書を放出いたします。
限定販売のオリジナル小冊子も少し持参しました。
石巻のみなさんに気に入って頂けますように!

★TOKYO KOKESHI NEWS
https://twitter.com/#!/TKOKokeshiNews
はじめまして。TOKYO KOKESHI NEWSです。
東北生れの伝統こけしの魅力を伝えています。
石巻ブックエイドでは世界の名作絵本をたくさん揃えました。
大人から子供まで楽しめるきれいな色の本ばかりです。
遠い異国への旅を夢みています。
とってもかわいらしい伝統こけしと一緒に
みなさんのご来店をお待ちしています。

★春夏冬書房
児童書・小説・漫画など。ちょっと覗いてみるだけでも構いません。ぜひ、お手
に取ってお気に入りの一冊を見つけて下さい。


22日(日)

A)立町復興ふれあい商店街(立町2-6-23)
http://www.ishinomakimatinaka.com/fureai

★ねこの本屋さん
https://mobile.twitter.com/amemoco0730
料理まんがを中心に、
料理雑誌や横溝正史等様々なジャンルのまんがや文庫を出品します。
また、新品未使用のご当地キティ寝付けキーホルダー数百体の出品も
検討しております。

★しらゆき屋
https://twitter.com/#!/Narni_Amelia
音楽関係の仕事をしていた際に集まった、CDアルバムを
(サンプル品の為)無償提供します! 
ノンジャンルで、洋・邦楽色々あります♪
探していた1枚や、もう一度聴きたい1枚を、
立ち寄って下さった方々に差し上げます☆

★ひいらぎ
昨秋の塩釜エスプでもお店を出させていただいた「ひいらぎ」です。
本好き家族4人での出店なので,大人が読む渋いミステリーから,
小学生に人気の本まで,「お薦めの本」を幅広いジャンルで揃えていきます。
店長は,いちばん本が大好きな9歳の次男。
楽しい一日を過ごせるようがんばりたいと思います。

★groovin bookstand
http://blog.livedoor.jp/groove4life/
盛岡で暮らし、石巻にはよく遊びに来ていた店主です。
これまで自分が築いてきた本棚から 
「好きになってもらえたら嬉しい本・贈りたい本」を
テーマに絵本から文芸書まで揃えました。

★ななみやたかちん
自分も宮城県の港町で生まれ育ち、
今回の大震災の津波で多くの本を失いました。
その津波からしぶとく生き残った古本を出品します。
どうぞご覧下さい。

★幻想文学研究会
http://fantasy.kitunebi.com/
東北大学幻想文学研究会です。「幻想文学」と銘打ってはいますが、
部員の読書傾向は幻想文学に限らず様々で、
今回も部員が様々なジャンルの本を持ち寄っての出店です。
よろしくお願いします。

★Filmo(フィルモ)
文庫本などを中心にCDなども並んでいると思います。
本を通していろんな出会いを楽しみにしています。

★マト文庫 出張編
マト文庫、今月は石巻に出張です! 
大切なひと時のお供になるような本を手渡せたらと思いながら
選んだ本を持っていきます。文庫が多めの品ぞろえです。
お気軽にお立ち寄り下さい。

★すずろや
よろずとりそろえ、のすずろやです。何が出るかは、その時のおたのしみ。
どうぞよろしくお願いします。

★たけたろう書房
小説や音楽雑誌など多種多様なジャンルを取り揃えています。見に来てね。

★書肆落花生
芸能、文化、音楽、小説、雑誌、エッセイなどの本を出品予定です。
その他手作りのおもちゃなども店頭にならびますので、
よろしくお願いいたします。


B)かめ七(中央2-14-18)
http://ishinomaki2.com/comikame/

★くものす洞
https://twitter.com/#!/raizox
いつか店主を…と思っていた一箱古本市。
このたび故郷石巻での開催とのことで、東京から参加させていただきます!
ちょっと内容は固くなりそうですが、
私が今一番気になっている「復興」「東北」をキーワードにした本を
中心にした品揃えでお待ちしております。
私が通った「まち」の本屋さん、無くなって久しいですが、
その「まち」で本を売ることができること、私自身も楽しみにしています。

★ダンスの力研究室~本、時々ダンス。
本なんか読んでる場合じゃない、チンタラ踊っている場合じゃない、
頑張んないといけない。そんな時こそ、必要である気がします。
本のようなものが。
時々、店主、踊る予定です(『石巻復興節』)。

★ばったりたおれ屋
https://twitter.com/#!/battaritaoreya 
アート系写真集、アートブック、
暮らし・雑貨・インテリア関連、洋書絵本など。
各地で好評(?)の手作りあみぐるみも持って行きます。

★ことり文庫
美術書、画集、アニメーション映画のパンフレットなどを販売します。


C) IRORI石巻(中央2-10-2)
http://ishinomaki2.com/category/project2/irori/

★出張「筋トレ」@石井ゆかり
http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/
ジャンルを問わず、好きな本を格安で販売します。
売り上げは全額、寄付する予定です。
自分で書いた本の在庫はないのですが、
もし拙著をお持ち頂ければサインもいたします。

★花田浪漫書房
http://reishinomaki.net/
プリンセスコミックス、マーガレットコミックス、
花とゆめコミックス等、少女漫画です。
青池保子、星崎真紀、山本鈴美香作品、その他販売します。

★ぷちがくげい
都市、まちづくり系の本、建築の本から、普通の読み物としての文庫本、
アジアネタ、食ネタまでジャンル広めで用意しています!

[PR]
by honokuri-tai | 2012-07-18 20:29 | イベント案内

石巻ブックエイド、いよいよ今週末開催です!

7月21日(土)、22日(日)に、石巻の商店街を舞台に
「一箱本送り隊 石巻ブックエイド」が開催されます。
地元にお住まいの方や外から参加する方が店主さんとなる「一箱古本市」をはじめ、
古本バザー、ワークショップ、シンポジウム、映画上映など、
さまざまな企画をご用意しています。詳細はこちら。

石巻の街を舞台に、本好きのみなさんが一緒になって楽しむ2日間です。
スタンプラリーも開催します。スタンプラリーの台紙とスタンプは、
一箱本送り隊のメンバーで谷中在住のイラストレーター小関祥子さんが作成しました。
デザインは小関さんの妹さんが担当。最強のコンビでかわいらしい仕上がりになりました。
台紙には会場の地図やタイムテーブルが載っていて、持ち歩くととても便利です。
7カ所すべてのスタンプを集めると、ナカムラユキさんオリジナルのミニ絵本
「いつも本と一緒に」がもらえます。ぜひ、チャレンジしてください!

「いつも本と一緒に」の作者、ナカムラユキさんは京都在住のイラストレーター。
「一箱本送り隊」の立ち上げ当初から参加し、塩竃ブックエイドのパンフレットやポスター、
パンフレット、本を送る際に段ボール箱に貼る宛名紙にイラストを描いています。
石巻ブックエイドには京都から駆けつけ、21日(土)13時~立町復興ふれあい商店街にて、
大人気の「mt(マスキングテープ)ワークショップ」を開催します。
こちらもふるってご参加ください。

また、一箱古本市の店主さん、18日頃まで募集しています! 
本屋さんになってみたい方、ぜひご参加ください。詳細はこちら。

たくさんの方に、石巻の街を歩き、本に出会ってほしいと思います。
どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by honokuri-tai | 2012-07-17 16:48 | イベント案内

一箱本送り隊 石巻ブックエイド in STAND UP WEEK 2012

b0218909_2284928.jpg

一箱本送り隊 石巻ブックエイド in STAND UP WEEK 2012
2012年7月21日(土)22日(日)

5000冊が石巻に!本とたっぷり遊ぶ2日間

わくわくする本、うっとりする本と、本好きたちが全国から石巻に集まります。
一箱古本市、古本バザー、映画野外上映、手作りワークショップ、カフェなど
石巻のまちなかに本があふれる2日間。
本を選んで、本を語り、本を夢見る時間を、ぜひご一緒に!

一箱本送り隊 石巻ブックエイド スケジュール

7月21日(土)と 22日(日) 10:00~16:00
【一箱古本市】
2005年に東京の谷中・根津・千駄木ではじまった一般参加の古本イベント。
仙台、塩竃、盛岡をはじめ、全国各地で開催されています。
■会場■
 A 立町復興ふれあい商店街(立町2-6-23)
 B かめ七(中央2-4-18)
 C IRORI 石巻(中央2-10-2)
  *雨天時には一部場所を移動して開催します。
  *店主さん募集についてはこちらを参照下さい。

【古本バザー】
一箱本送り隊や各地のブックイベント団体が集めた本を、均一価格で販売します。
売上金は、一部の経費を除いて、
東北の震災復興支援のために活動するグループに寄付させていただきます。
■会場■
 ア リーガルシューズ石巻店(立町2-7-10)
 イ 石巻商工会議所となり空き地(立町1-5-17)
 ウ 寿町通り・パナックけいてい元店舗(中央2-4-3)

【羽鳥書店 石巻支店】
美術や人文書の分野で注目されている東京・千駄木の出版社が石巻に2 日間のみ出店。
新刊の小野智美編『女川一中生の句 あの日から』などを販売します。
■会場■イ 石巻商工会議所となり空き地

◎7月21日(土)のみ
【益子珈琲隊カフェスペース】10:00~16:00
 ■会場■イ 石巻商工会議所となり空き地

【mt(マスキングテープ)コラージュワークショップ】13:00~15:00
 ■会場■A 立町復興ふれあい商店街
講師:ナカムラユキ(イラストレーター/京都在住) 参加費:500円
カードや紙袋に、今流行の色とりどりのマスキングテープを使って
コラージュを楽しむワークショップです。お子さんでも参加できます。
お申込み方法:こちらの応募フォームから送信してください。
パナックけいてい(立町復興ふれあい商店街)、IRORI 石巻、かめ七の店頭でも受け付けます。
予約優先ですが、当日の参加もできます。
材料提供:カモ井加工紙株式会社

つれづれ団プレゼンツ「きみだけのブックカバーをつくろう」】10:00~16:00
 ■会場■B かめ七〈参加無料〉
会場で手に入れた本にカバーをかけましょう。紙をチョキチョキ、スタンプペタペタ。

【「被災地としての益子」を語るトーク】21:00~ 
 ■会場■C IRORI石巻〈入場無料〉
 スピーカー:鈴木稔(陶芸家) 簑田理香(ライター、益子在住)
窯業と農業の町、栃木県益子町も、東日本大震災では震度5強を記録、
陶芸家たちの登り窯の9割が損壊、器にも甚大な被害が出ました。
農家の人たちも出荷額が3割に落ち込み、深刻な状況のなか頑張っています。
今回、益子珈琲隊で参加している、簑田理香さんと陶芸家の鈴木稔さんが、
有機農家の取り組み、陶芸家たちの復興への取り組みについてお話します。


◎7月22日(日)のみ
【むかしの石巻フィルム&雑誌を見る会】14:00~15:30
 ■会場■B コミュニティカフェ・かめ七〈入場無料〉
ゲスト:亀井一実(『いしのまきらいふ』編集長)
地元の人が撮影した石巻の風景の映像やタウン誌を見ながら、
「むかしの石巻」を語り合いませんか?

【「本のコミュニティスペースをつくる」シンポジウム】16:30~19:00
 ■会場■C IRORI石巻〈入場無料〉
パネラー:阿部明(ニュー魯曼亭)、阿部睦美(ISHINOMAKI2.0)、
     天野美紀(コミュニティカフェ・かめ七)、加藤孔敬(東松島市図書館)
司会:南陀楼綾繁(一箱本送り隊)
石巻のまちなかに「本のある空間」をつくるにはどうすればいいか。一緒に考えます。

スタンプラリー開催!
2日間で全部のスポットを回った方には、
ナカムラユキさんのオリジナルミニ絵本『いつも本と一緒に』を差し上げます。



野外上映会
ビルの壁面をスクリーン代わりに野外上映を行います(共催…岡田劇場)


◎7月20日(金) STAND UP WEEK 2012 前夜祭
【ドラえもん 最新作上映会!】〈入場無料〉19:00 頃~
 ■会場■松竹・旧阿部新旅館前(中央2-7-23)
『ドラえもん のび太と奇跡の島 アニマル・アドベンチャー』 (2012年/100分)
絶滅したはずの動物たちが暮らす不思議な島で、ドラえもんたちの大冒険がはじまる! 
今年3 月に公開されたドラえもんシリーズ最新作です。

◎7月21日(土)
【サイレント映画 活弁付上映会】〈入場無料19:00 頃~
 ■会場■旧阿部新旅館前(中央2-7-23)
『チャップリンの冒険』(1917年/ チャールズ・チャップリン/20分)
『キートンの探偵学入門』(1924年/ バスター・キートン/44分) 
弁士=坂本頼光 音楽=湯浅ジョウイチ(ギター)、鈴木真紀子(フルート)

◎7月22日(日)
【映画と絵本の会】〈入場無料〉10:30~ 
 ■会場■A 立町復興ふれあい商店街
アニメーション映画と絵本の「おはなしくらべ」、映画も絵本も面白いね!
どんな作品なのか、乞うご期待!

b0218909_22135620.jpg


【関連企画「絵本のなかのイタリア」】
第一期 7月20日(金)~8月5日(日)/第二期 8月11日(土)~8月26日(日)
■会場■石巻市図書館(羽黒町1-9-2)

【お問い合わせ】
〔石巻ブックエイドについて〕 一箱本送り隊
メール> honokuritai@gmail.com
当日連絡先> 090-4914-7750(丹治) 090-9347-8767(河上)

〔STAND UP WEEK 2012 について〕 ISHINOMAKI2.0
Facebook> http://www.facebook.com/ishinomaki2.0
ウェブサイト> http://ishinomaki2.com/
ツイッター> @ishinomaki2_0
電話> 0225-25-4953(ISHINOMAKI2.0 STAND UP WEEK 2012 事務局)
STAND UP WEEK 2012 7月21日(土)~8月1日(水)

〔映画上映について〕 シネマエール東北 (コミュニティシネマセンター)
ウェブサイト/シネマエール東北> http://cinema-yell-tohoku.com/
ウェブサイト/コミュニティシネマセンター> http://www.jc3.jp/
電話> 050-3535-1573(シネマエール東北・岩崎)

●主催…一箱本送り隊/シネマエール東北(一般社団法人コミュニティシネマセンター)/
一般社団法人ISHINOMAKI2.0
●共催…益子珈琲隊/NPO法人20世紀アーカイブ仙台/岡田劇場
●協力…IRORI石巻/石巻立町復興ふれあい商店街/コミュニティカフェ・かめ七/松竹/
つれづれ団/羽鳥書店/松田映画社/生活衛生同業組合宮城県映画協会/石巻商工会議所/
石巻市図書館/MCAA(益子)/益子町陶芸家有志/
クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン/不忍ブックストリート
●支援…芸術文化振興基金 (シネマエール東北)


フライヤーはこちら。おもてうら
イラスト: 小関祥子 デザイン:横須賀拓
[PR]
by honokuri-tai | 2012-07-17 16:38

「石巻ブックエイド」助っ人さん(ボランティアスタッフ)になってみませんか?

一箱本送り隊は、東京の谷中・根津・千駄木(谷根千)で開催されている
「不忍ブックストリートの一箱古本市」からはじまった、
全国のブックイベントの参加者たちをネットワークした有志団体です。

被災地で活動しているグループと連携し、本を求めている仮設住宅や個人に届ける一方で、
2011年10月に塩竃市で「塩竃ブックエイド」を開催するなどのイベントを企画してきました。

来る7月21日(土)、22日(日)には、石巻市の商店街で「石巻ブックエイド」を開催します。
一箱古本市、古本バザー、映画上映、ワークショップなど、さまざまな企画を予定しています。
このイベントは、一般社団法人ISHINOMAKI2.0や立町復興ふれあい商店街をはじめとする
地元の方のご協力を得て実現できたものです。

ご存じのとおり、石巻市では津波により甚大な被害がありました。家が流されてしまい、
愛読していた本を失ってしまったという方もたくさんいらっしゃいます。
そういう本好きの方の気持ちは、想像するに余りあります。
この二日間は、街の中に本がたくさん並ぶとともに、
本の話をしたくてうずうずしている人たちが集まります。
それを一緒に楽しみたいと思います。

そこで、お願いです。この石巻ブックエイドの助っ人さんになっていただけませんか? 
助っ人さんとは、つまりボランティアスタッフです。
一箱本送り隊の設立のきっかけになった「一箱古本市」というイベントでは、
事前の準備からイベント当日まで数十人の助っ人さんが活動しています。

今回のイベントでも、助っ人さんにしていただきたいことはたくさんあります。
一箱古本市や古本バザーでのお手伝いや、トーク・ワークショップの受け付けなど、
ひとつひとつは細かい仕事です。ただ、ブックイベントの場で、
地元をはじめとする本好きの人たちと交流できる絶好の機会であることはたしかです。

その労力に対して、われわれはお金で報いることはできません。
しかし、みなさんに「助っ人やってよかったな」と思っていただけるように、
ひとりひとりにとって楽しく、やりがいのある場所にしていきたいと思っています。
友達同士やカップルでの参加も歓迎します。

参加資格は問いません。
石巻をはじめとする宮城県内の方でも、それ以外の方でも歓迎します。
東京周辺から参加される方には、バスツアーも用意しています
(ただし、人数に限りがあります。お早めにお申し込みください)。
バスツアーについてはこちらをご覧ください。
お手伝いいただく日と時間は、極力ご希望に沿うようにします。

また、一箱古本市の店主さん(出店者)と助っ人さんの兼任も可能です。
たとえば、21日(土)は助っ人としてお手伝いいただき、
22日(日)は店主としてお客さん相手に楽しい時間を過ごす、
などというのはいかがでしょう。

震災から復興しつつある石巻に、ぜひいらしてください。
そして、イベントをお手伝いいただくとともに、石巻の街を自分の足で歩いてみてください。
地元の人たちと話し、食べて飲んでください。この機会を存分にご活用ください。


助っ人さんとしてこのイベントに参加してみようという方は、
下記のリンク先にフォームがありますので、ご記入のうえお申込みください。
多くの方のご参加をお待ちしています。

《助っ人参加申し込み》

こちらよりご応募ください。


【お問い合わせ宛先】
honokuritai@gmail.com(一箱本送り隊)
[PR]
by honokuri-tai | 2012-07-02 10:51 | 活動に協力してくださる方へ

カテゴリ

一箱本送り隊とは
活動報告
被災地の方へ
活動に協力してくださる方へ
イベント案内
フライヤー等ダウンロード
新着情報

以前の記事

2015年 03月
2014年 12月
2014年 06月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧