会計報告(2011年4月〜8月度)

一箱本送り隊の活動がスタートした4月から8月末までの会計実績を
下記のとおりご報告させていただきます。

●累計収入 977,550円:
内訳)義捐金477,550円
補助金500,000円

●累計支出 108,484円:
内訳)本の発送費41,550円
消耗品・備品購入費34,154円
旅費交通費9,750円
作業集積所の使用お礼 8,115円
会議費6,328円 (茶話会)
雑費その他8,587円

●累計収支 869,066円


皆さまから頂戴した貴重な義捐金は、主に被災地への書籍送付とその準備に
使わせていただきました。ありがとうございました。

今後は、四半期(3か月)単位で収支実績をご報告させていただく予定です。
ご不明の点などありましたら、honokuritai@gmai.com までご連絡ください。
[PR]
# by honokuri-tai | 2011-09-23 01:38 | 活動報告

9月10月の集積所の活動日について

本を集め、整理、発送という作業も再開です。
荷受け、発送作業、ぜひご参加ください。
新しいメンバーもお誘いください。

9月10日(土)11:00~18:00(早く終われば休憩)
9月17日(土)
10月8日(土)
10月15日(土)
10月16日(予備日)です。

活動へ参加頂く方は、こちらをお読み下さい。
[PR]
# by honokuri-tai | 2011-09-22 09:25 | 活動に協力してくださる方へ

ブックイベントを開催されている方々へ 「一箱本送り隊 塩竈ブックエイド」へのご協力のお願い

一箱本送り隊は、2011年4月、不忍ブックストリートの「一箱古本市」の
関係者を中心に結成された、被災地に本を送る活動グループです。
本好きの方々に呼び掛けて、本を集めて整理し、
被災地の方々のリクエストに応じて、送ってきました。

10月22日(土)、23日(日)には、初めての主催イベントである
「一箱本送り隊  塩竈ブックエイド」を開催し、
その企画の一つとして「古本バザー」を行います。
これまで集めてきた本を、50円、100円、300円などの
均一価格で販売するものです。
このイベントで無償配布しない理由は、こちらをご覧ください。

一箱本送り隊では台東区谷中のお寺をお借りし、そこに本を集積しています。
しかし、現在集まっている本だけでは、この二日間のイベントには足りないと思われます。
そこで、全国でブックイベントを開催されている方々にお願いです。
イベントに合わせて本を集め、塩竈に送っていただけないでしょうか。
以下、簡単に塩竈に届くまでの流れをご説明します。

1 本の集め方

本の集め方はお任せします。たとえば、不忍ブックストリートでは
今年の春の一箱古本市で「100円均一義捐箱」を設置しました。
一箱古本市の店主さんに本を提供していただき、
それを100円均一で販売します。売れ残った本は送付用の本として集積し、
売上金は活動資金にプールしています。一箱古本市の店主さんの選んだ本だけに、
とてもイイ本が集まることも嬉しいです。
http://honokuri.exblog.jp/15414487/
それぞれのイベントの性格や地域性に合わせて、
いいかたちの集め方を考えていただければと思います。
集まる量も問いません。一箱分でもありがたく受け取ります。

どんな本を集めればいいですか?  とよく聞かれますが、
ジャンルは小説、マンガ、写真集、エッセイなどなんでもありだと思います。
当初は必要ないのでは?と思っていた料理本や園芸、手芸、旅行ガイドなどの
実用書が意外に求められていることも判りました。
逆に、「自分がもらう立場なら、どんな本が困るだろう」と考えてみてください。
多少古くても読めればいいのですが、全体に書き込みがしてあったり、
ページがちぎれていたらイヤですよね。
情報を伝えることを目的とする本(マニュアル書など)で、
あまり以前に刊行された本も困ります。
要するに、もらった人が読んでくれそうな本を集めていただきたいのです。

2 本の仕分け方

イベントなどを通じて集まった本は、それぞれの団体でいったん保管をお願いします。
可能であれば、小説、マンガ、実用書、ビジュアル本などと簡単な仕分けをしておくと
あとで便利です。その上で、一箱本送り隊まで集まった本の分量をお知らせください。
正確な冊数でなくても、ミカン箱程度の段ボール箱で◎箱という概算で構いません。
各地からのお申し出を受けて、一箱本送り隊のほうで
「塩竈ブックエイド」に送っていただきたい本の箱数をお知らせします。

塩竈に送る本については、均一販売用のスリップの挟み込みをお願いします。
こちらのリンクにてスリップの画像データを掲載しますので、ダウンロードしてお使いください。
(上記をクリックしますとリンクに飛び、左上にFileという文字が出ますので、
 そちらをクリックし、DownloadOriginalを選んで下さい。)
50円、100円、300円、500円の4種です。値付けの判断はお任せします。
オリジナルのスリップを使いたいというご提案も歓迎します。
その場合も、値段は上記の4種に統一してください。

値付けのすんだ本は、値段ごとに箱にまとめてください。
箱の上部と横には、「100円」「300円」と書いてください。
ジャンルは混ぜてしまって構いません。

3 本の送り方

箱詰めされた本は、イベント前日に到着するよう、会場宛てに送っていただきます。
なお、送料は発送者負担でお願いします。販売は一箱本送り隊が担当しますが、
「自分も参加したい!」という方はぜひお手伝いください。
東京からはスタッフのバスツアー
(21日夜発→24日朝東京帰着、車中2泊+宿1泊)を組む予定です。
途中参加などのバリーションも検討します。

売上金は、一部の経費を除いて、東北の震災復興支援のために
活動するグループに寄付させていただきます。
その結果は、ブログなどを通じてご報告いたします。

塩竈に送り切れなかった本は、もしスペースに余裕があれば、しばらく保管をお願いします。
一箱本送り隊では塩竈以外でのイベント開催を考えており、それが実現すれば、
同じ方法で直接送っていただきます。置いておくスペースがないということであれば、
東京の集積所に送っていただいてもけっこうです。
これも同じく、送料は発送者負担でお願いします。

4 活動資金援助のお願い

一箱本送り隊の活動には、もちろん資金も必要です。
本の発送料については、一部の助成金をいただいていますが、
それ以外の活動費に充てさせていただく義捐金を募っています。
どうぞご協力をお願いいたします。

[振込先]
りそな銀行 茗荷谷支店(みょうがだにしてん)
口座番号:普通 1468276
名義:一箱本送り隊(ひとはこほんおくりたい)


お振り込み下さった方は、honokuritai@gmail.com までお知らせください。
ブログでご報告します。

一箱古本市を通じて、全国各地に広がった本好きのネットワークを通じて、
一箱本送り隊の活動を今後もいいかたちで続けていきたいと思います。
みなさまのご協力をお願いします。
[PR]
# by honokuri-tai | 2011-09-14 23:59 | 活動に協力してくださる方へ

「いつも本と一緒に」ナカムラユキさん作スリップイラストについて

一箱本送り隊で販売する本のスリップ用に、
ナカムラユキさんにイラストを描いて頂きました。
イラストに物語がありますので、こちらで掲載させて頂きます。
スリップを4枚集めたくなるようなストーリーです。


「いつも本と一緒に」   作:ナカムラユキ


b0218909_082944.jpg



子犬のプチくんがお散歩をしていると、
青い羽のようなものが
ふわり、ふわりと降りてきました。




よく見ると鳥のように羽ばたく本!




プチくんは思わず鼻先をぐんとのばして、
ぱくり! と優しくくわえました。





b0218909_093569.jpg



「どんなお話が書いてあるんだろう?」





プチくんは、お散歩仲間で
仲良しのパピエくんに
この本を渡すことにしました。











b0218909_010958.jpg



なんとその本は読むたびにお話の内容も、
読んだときの気持ちも変わるふしぎな本。






パピエくんは夢中になって読みました。











b0218909_0102939.jpg



パピエくんとプチくんが散歩をしていると、
青い鳥が
つやつやの緑のクローバーを運んできました。





「いつもいつも、どんなときも本と一緒にね」




そう伝えて、
青い鳥はまた空にふわりふわりと消えていきました。








「いつも本と一緒に」全文はこちら
[PR]
# by honokuri-tai | 2011-09-14 00:04 | 活動報告

「いつも本と一緒に」ナカムラユキさん作 全文

「いつも本と一緒に」   作:ナカムラユキ

ぽかぽかとあたたかな陽射しが心地いい午後のことです。
子犬のプチくんはお散歩中、背中にふわふわとした風を感じました。
「あれ? なんだろう? 今日はとびきり気持ちいいなあ」
鼻先をくんくんと動かしながら見上げると、青い羽のようなものがふわり、ふわり。
よく見ると鳥のように羽ばたく本がこっちにやってきます。
プチくんは思わず鼻先をぐんとのばして、ぱくり!
ぱたぱたと動く本を優しくくわえました。
くわえたとたんに本はぴたりと動きを止め、羽はふっと消えてしまったのです。
「なんてふしぎな本なんだ。それにしてもいったいどんなお話が書いてあるんだろう? 
そうだ、物知りのパピエくんなら何かわかるかもしれないな」

More
[PR]
# by honokuri-tai | 2011-09-14 00:00 | 活動報告

「一箱本送り隊 塩竈ブックエイド」詳細確定しました

b0218909_23344787.jpg
一箱本送り隊 塩竈ブックエイド
こころにもパワー!本とたっぷり遊ぶ二日間。


全国から、わくわくする本、うっとりする本が届きました。
いつでも私たちに希望を与えてくれる、たくさんの本に会いに来てください。
一箱古本市、古本バザー、映画上映、ライブペインティング、カフェなど、
本好きの仲間が集まって一緒に楽しむ二日間です。


スケジュール

★10月22日(土) 
会場:ふれあいエスプ塩竈
JR 東北本線塩釜駅前(徒歩1 分)駐車場あり TEL: 022-367-2010
入場無料(ワークショップを除く)

11:00~16:00 空中庭園(雨天時は3F) 
一箱古本市
2005年に東京の谷中・根津・千駄木ではじまった一般参加の古本イベント。仙台をはじめ、全国各地で開催されています。店主さん募集!段ボール一箱分のお手持ちの本に値段を付けて、販売してみませんか? 一日だけの「本屋さんごっこ」を楽しみましょう。
出店料:500円  
申し込みはこちらから。(閉め切りました)

古本バザー
一箱本送り隊や各地のブックイベント団体が集めた本を、均一価格で販売します。売上金は、一部の経費を除いて、東北の震災復興支援のために活動するグループに寄付させていただきます。

参考書・問題集の無料配布(提供:千葉県柏市 麗澤中学校・高等学校)

13:00~15:00 3F創作室
ワークショップ「思い出の本をつくる」 
講師:岡田とも子(アトリエ葉)  
地震後に家のなかで見つかった写真や手紙、メモなどを貼り付けて、自分だけの思い出の一冊をつくりませんか? 簡素な製本作業なので、お子さんでも参加できます。
材料代:500円
申し込みはこちらから。(9/15の0時から申し込み開始です。)

〔一箱古本市、ワークショップの予約方法〕
応募フォームから送信、
あるいはビルド・フルーガス(塩釜市港町2-3-11 TEL 080-3198-4818)店頭でお申し込みください。


★10月23日(日) 
会場:塩竈市公民館本町分室
JR 仙石線本塩釜駅/西塩釜駅(徒歩8 分)
塩竈市公民館本町分室(駐車場なし TEL: 022-362-2555)
*注意 会場には駐車場がありません。「ふれあいエスプ塩竈」(徒歩12 分)、
もしくは本塩釜駅周辺の駐車場をご利用ください。
入場無料

12:30~13:30 大講堂
ライブペインティング「音楽と絵の即興コラボレーション。塩竈にて」
ピアノ:三浦陽子  絵:牧野伊三夫

14:00~16:00 大講堂
サイレント映画 活弁付上映会
上映作品 『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』小津安二郎監督 1932年 
35ミリで上映
活弁:坂本頼光  ピアノ伴奏:柳下美恵
子どもたちがはじめて出会った「大人」の世界を巨匠小津安二郎監督が描いたコメディ映画の傑作。活弁付きで上映します! 子どもにも大人にも楽しんでいただけます。映画の前には、パラパラまんがやゾーエトロプなど、「映画のはじまり」がわかるワークショップもあります! どうぞ、お楽しみに。

12:00~17:00 大講堂
古本バザー
益子珈琲隊カフェスペース(お菓子:Atelier Poran)

※)開始時間は都合により少しずれる場合がございます


会場地図
b0218909_23315577.jpg



問い合わせ先
一箱本送り隊 
メール honokuritai@gmail.com
当日連絡先 090-4914-7750(丹治) 090-9347-8767(河上)

シネマエール東北(コミュニティシネマセンター) 
http://www.jc3.jp   http://cinema-yell-tohoku.com/
電話 050-3535-1573(シネマエール東北・岩崎) 


主催:一箱本送り隊+シネマエール東北(一般社団法人コミュニティシネマセンター)
共催:益子珈琲隊/東日本映画上映協議会/NPO法人20世紀アーカイブ仙台/松竹株式会社
協力:塩竈フォトフェスティバル2011/ビルド・フルーガス/Atelier Poran/Book! Book! Sendai/せんだいメディアテーク/生活衛生同業組合宮城県映画協会/不忍ブックストリート

【関連企画】
塩竈フォトフェスティバル2011
10月12日(水)~23日(日) ふれあいエスプ塩竈ほかで開催
http://gamaphoto.blog31.fc2.com/blog-entry-190.html
[PR]
# by honokuri-tai | 2011-09-13 23:09 | イベント案内

10/21(金)考えるテーブル 震災のあとで〈表現する〉こと  のお知らせ

b0218909_1362137.jpg

考えるテーブル 
震災のあとで〈表現する〉こと
「一箱本送り隊 塩竈ブックエイド」プレイベント


未曾有の大震災と津波を経て、それでも、人は本を読み、何かを表現する。
東北を舞台にした新作 『 I (アイ)』(小学館刊)連載中に
3・11 を体験したいがらしみきおさんと、
映像作家で詩人でもあるクマガイコウキさんが、
表現すること、考えること、生きることの意味を語り合います。
*この企画は、10月22日(土)、23日(日)に塩竈市で開催される
一箱本送り隊 塩竈ブックエイド」のプレイベントです。

〈日時〉2011年10月21日(金)18:00~19:30
〈入場〉無料、予約不要、直接会場へ

〈出演〉いがらしみきお(漫画家)
    クマガイコウキ(映像作家)
〈司会〉南陀楼綾繁(ライター、「一箱本送り隊」呼びかけ人)

〈場所〉せんだいメディアテーク1Fオープンスクエア
    〒980-0821 仙台市青葉区春日町2-1 http://www.smt.jp/thinkingtable/?p=1796
〈アクセス〉
 ■地下鉄 仙台駅から泉中央行きで3分、
  勾当台公園駅下車。 「公園2」出口から徒歩6分
 ■仙台市営バス 仙台駅前−29番 (荘内銀行前)のりばから
 「定禅寺 通市役所前経由交通局大学病院」 行き(系 統番号J410)で約10分、
 メディアテーク前下車。


いがらしみきお
1955年、宮城県中新田町(現、加美町)生まれ。仙台市在住。
1979年に漫画家としてデビュー。
以降『、ネ暗トピア』『あんたが悪いっ』『さ ばおり劇場』などを発表。
1988年、『ぼのぼの』で講談社漫画賞受賞。
現在、 『 I(アイ)』『羊の木』(山上たつひこ原作)などを連載中。

クマガイコウキ
1961年、宮城県仙台市生まれ。
映画『ぼのぼの/クモモの 木のこと』(監督)、
長編紙芝居『蛇蝎姫と慙愧丸』(作・演出)、
DVD『ぐりり とあそぼう』(作詞・作曲・アニメーション制作)など。
2004年「詩のボクシ ング国民大会(福岡)」宮城県代表。
仙台文学館ゼミナール2010・2011文章 講座講師。

南陀楼綾繁(なんだろうあやしげ)
1967年、島根県出雲市生まれ。
「不忍ブッ クストリート」代表として、2005年より
東京の谷中・根津・千駄木で一箱古 本市を開催。
一箱本送り隊の呼びかけ人でもある。
著書に『一箱古本市の歩 きかた』(光文社新書 )、『路上派遊書日記』(右文書院)ほか。


〈主催〉せんだいメディアテーク、一箱本送り隊
〈問い合わせ先〉一箱本送り隊
ツイッター@honokuritai メール honokuritai@gmail.com
当日連絡先 090-9347-8767(河上)
[PR]
# by honokuri-tai | 2011-09-11 16:48 | イベント案内

ボランティアに参加したい方へ

本はいったん集積所に集め、仕分けして一箱に詰めて、
被災地の集積所に送ります。
*東京・谷中の某所に集積、仕分け場所をお借りしています。
活動日に集積場所で宅配便や持ち込まれる本を受け取り、
仕分けと発送をお手伝い頂くボランティアの方を募集しています。
*毎月の活動日はブログにて報告しています。こちらをご確認下さい。

活動に参加希望の方は、honokuritai@gmail.com にご連絡ください。
[PR]
# by honokuri-tai | 2011-09-10 09:24 | 活動に協力してくださる方へ

寄付をしたい方へ

一箱本送り隊の活動には、もちろん資金も必要です。
本の発送料については、一部の助成金をいただいていますが、
それ以外の活動費に充てさせていただく義捐金を募っています。
どうぞご協力をお願いいたします。

[振込先]
りそな銀行 茗荷谷支店(みょうがだにしてん)
口座番号:普通 1468276
名義:一箱本送り隊(ひとはこほんおくりたい)


お振り込み下さった方は、honokuritai@gmail.com までお知らせください。
ブログでご報告します。
[PR]
# by honokuri-tai | 2011-09-10 01:51 | 活動に協力してくださる方へ

本を送りたい方へ

本はいったん集積所に集め、仕分けして一箱に詰めて、
被災地の集積所に送ります。
*東京・谷中の某所に集積、仕分け場所をお借りしています。

活動日に集積場所にスタッフがいて、
宅配便や持ち込まれる本を受け取り、仕分けと発送を行います。
送り先や日にちなどのご連絡と、送付されてくる本の量を把握するため、
まず、honokuritai@gmail.com にご連絡ください。

※)毎月の活動日はブログにて報告していますので、こちらをご確認下さい。
※)集積場所での活動ボランティアを希望される方は、こちらをご確認下さい。
[PR]
# by honokuri-tai | 2011-09-10 01:45 | 活動に協力してくださる方へ

カテゴリ

一箱本送り隊とは
活動報告
被災地の方へ
活動に協力してくださる方へ
イベント案内
フライヤー等ダウンロード
新着情報

以前の記事

2015年 03月
2014年 12月
2014年 06月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧